魅力ある調剤薬局が向かうべき方向性

▼社会背景と経営課題
 
調剤薬局は、これまで市場の拡大とともに多数の異業種も取り込みながら成長を続けてきました。
しかし、2006年の調剤報酬改定で実施された調剤基本料の引き下げをきっかけに政策転換がなされ、調剤報酬の減額や薬価引き下げが今後も更に進み苦境に立たされる事が予想されます。
また、後発品(ジェネリック薬品)の普及政策も調剤薬局の在庫が増え、薬局の資金繰りや費用面での深刻な負担がのしかかってきていることは言うまでもありません。
 
それでは、調剤薬局の生き残りを米国調剤薬局と重ね合わせて考えた場合、日本版のウォルグリーンやウォルマート・ストアーズが誕生し小規模の薬局は淘汰されて行くのが末路なのだろうかと言うことになりますが、日本の現行法では難しいと考えられます。 その理由は、チェーン化しようとしている調剤薬局の利用者に対する生産性やサービスの内容が現行法により制限をかけられているからに他ならないからです。
つまり、日本で最も多い小規模の薬局にも現行法では、まだまだ、活路を見出すことができると言うことになります。
 
▼利用者ニーズに応えられているか
 
「医療機関とて、サービス業の一種である。」とは、よく言われている事かと思います。
経営者の中には、社会的使命とサービス業としての狭間で何かをしなくては、と考えている方も多くいられるかと思いますが、なかなか手段が見つからない。
それは、考え方が社会的使命感にだけ偏り過ぎて、薬剤師と言う高い能力が必要な有資格者を中心とする集合体をサービス業としての側面から上手く転換できていないことにあるからだと考えられます。
 
例えば、「先生」と呼ばれる職業を考えて見てください。医者・弁護士・税理士など、その資格を有する事で行える守備範囲は一見広く見えますが、依頼する側も依頼を受ける側も専門分野かどうかの判断基準がそこには、存在するかと思います。
しかし、残念ながら調剤薬局の薬剤師も「先生」と呼ばれる職業ですが、他の類似する職業とは明らかに違う点として、薬の専門化ではあるが具体的な得意分野が見えない。つまり、ぼやけているのです。
 
利用者ニーズの本質は、より専門的な情報を自分がいかに受けることができるかで価値や魅力を感じるのではないでしょうか。
 
▼新しい具体的な価値を創造し見つけ出す
 
「利用者ニーズに応えられ具体的な新しい価値を作り出す。」
一見、難しいそうに感じられるかもしれませんが、そうでもありません。
今までの経験値や知識を集約した、他に負けない魅力的な専門分野を見つけ出せばいいのです。
一点に絞り込むことで利用者自身が受けられるサービスをご自身で想像しやすくなり、調剤薬局と言う空間が今まで以上に魅力的に感じられるはずです。
勿論、複数の専門分野が存在しても、その事を発信する表現方法に工夫をすれば、より厚みのある調剤薬局として認知してもらえることかと思います。
 
それでは、専門性を表現する方法を考えた場合、ターゲットを絞り込んで、広域に伝える効果的な手段としてウェブの利用が考えられます。
ウェブは、一点集中をさせれば、させるほど露出することができる特異的な要素を持っています。
これまでお話させて頂いた目的を達成するにウェブは、最適のツールのひとつですが、求人サイトの色合いが強かったり、専門性が何故かぼやけていたり、消費者目線で捉えると実につまらない。
つまり、上手に利用されているとは言えない状況下にあります。
だからこそ、調剤薬局が積極的にウェブを利用する有効性は、まだまだ、可能性を秘めている大型ツールであることは間違いない事実なのです。
 
「処方箋がなくても相談に来てもらえる魅力的な調剤薬局の在り方」を想像し、はじめの一歩を私たちと一緒に踏み出すのはいかがでしょうか。


ピックアップエントリー